魅力あふれる切手の世界

切手コレクションを持って行こう

日本国内でこれまでに発行された切手の中で、とくにコレクターたちに人気が高く、高額で買取りなどがされやすいもののひとつとして「見返り美人」があります。 「見返り美人」は1948年(昭和23年)に「切手趣味週間シリーズ」の第2回目として発行されたもので、江戸時代の浮世絵師・菱川師宣の代表作とも言える作品を図案化したものです。発行枚数が150万枚と少なく当時からとても人気の高い切手でした。翌年に同シリーズの第3弾として発行された、安藤広重の代表作を図案化した「月に雁」とともに、「見返り美人」は現在でもコレクターにとっては垂涎のアイテムとなっています。 この「見返り美人」と「月に雁」は大きさが縦6.7cm、横3.7cmもあり、これまでに国内で発行された切手の中でも最もサイズの大きなものとしても知られています。これらの「趣味週間シリーズ」の記念切手などが火付け役のひとつとなって、昭和30年代から40年代にかけて「切手ブーム」が生まれました。